ネット自動車保険のデメリット

保険に詳しくない人には向かないかも

ネット自動車保険とは、代理店に出向かないで契約できる保険のことをいいます。こちらの自動車保険の大きな特徴は、代理店を通さないために余分な費用が抑えられる点です。その分、保険料が安くなることもメリットといえるでしょう。しかし、対面での契約とは異なり、自分一人で判断する場面も少なからず存在します。そのため、保険に詳しくない人には向いていないかもしれません。 自動車保険の仕組みは時代とともに大きく変化しており、必要な保障の判断に迷う場合もでてきます。また、見聞きしない専門用語が出てくると戸惑うことも少なくないですよね。そのようなとき、担当者に直接聞けないことを歯がゆく感じる人もいるでしょう。もちろん、電話やメールで質問する方法もあります。しかし、電話の音声案内に戸惑うなど、契約に至るまでの過程で「二の足を踏む」ことも少なくありません。

事故を起こしたときの対応が心配

ネット自動車保険のメリットとして、自分でじっくり検討できる点があります。一方、目の前に担当者がいないため、契約が成立するまでは不安に感じることもでてきます。また、事故を起こしたときの対応を心配する人も少なくないでしょう。ネット自動車保険は担当者の顔が見えないだけに、そういった気持ちになるのは無理からぬ話です。

しかし、代理店で保険契約した場合も、すべての対応を代理店で行うわけではないのです。もちろん、事故を起こしたときも例外ではありません。主な対応は自動車保険会社の担当者がすることを知っておきましょう。このような仕組みは、電化製品の修理をイメージすれば納得しやすいのではないでしょうか。もちろん、自動車保険に加入するときは、保険会社の評判を調べることが大切です。そのうえで、自分に合ったネット自動車保険の契約を検討しましょう。